多くの人間がスカッとするコミックをよむ傾向にあります。

自分にとってスカッとするコミックとは「ラッキーマン」だ。
欠けると見せかけて あり得ないような幸運パンチが辺り敵手を倒してしまう、そのミステリアス配慮が毎回スカッとしました。

ワンパンマンというコミックは一本調子ですが敵手はマジ著しいだ。なのにメイン人間公がワンパンで簡単に倒してしまうのはみていて心地よいだ。

北斗の拳のケンシロウの悪党どもの亡ぼし方は中毒になるほどスカッとします。北斗百烈拳や秘孔を突く場合は素晴らしいし敵手の断末魔の悲鳴がなんとも笑えてしまう。

まいっちんぐマチ子ドクター、これはハレンチですが コミックならではの描き方で教え子場合がハレンチなことを平気でかなえるとこが小児時代にスカッとしてました。弊社ができるわけない表現が多くてドキドキシーンもあり 爽快になるので毎回喜びでした。

黒執事はかっこよすぎてサクサクと怪事例も問題解決講じるセバスチャンをみているとスカッとします。

問題解決まで時間もかかるしセバスチャンも窮地になることもあるけど、執事ならではの解決方法を使ってしまうとこがかっこいいです。

他には都内喰種や 終わりのセラフのメイン人間公が覚醒する場合限定でともスカッとします。婚活サイトのおすすめは?