我々は、小さいところから視力が弱い方でした。小学生低学年の視力診療では視力が1.0以下であった結果、毎回再診療を受けていました。それでも、その当時は0.7や0.8くらいは見えていて、視力診療の表にいらっしゃる最高おおきな「C」を見ながら、「そんな大きなコードが見えないなんて信じられないよ」と感じたのを思い起こします。しかし、徐々に私の視力は取り除ける一方で、小学生4年生で初めてのメガネを作り上げることになったのでした。最初は、教科の場合のみメガネをかけていました。不思議な実例に、メガネをかけ始めると、どんどん視力が落ちて出向くのを肌で感じます。の場合大学生になった頃には暮らしでもメガネをかけなくてはいけなくなりました。現在、30値段中ごろですが、すでに裸眼では暮らしできないほどだ。視力診療の一番大きなコードはまったく見えません。それどころか、すぐ近くの人間の顔付きでさえぼやけてしまう。メガネを仕立てる時はレンズがミルク瓶の下ほどの厚さになり、本当にこんなことってあるんだなと変に目標してしまいます。
 2人間の子供たち、特に小学生2年生の子どもは現下、視力は嬉しいようです。主要人間は、現在も裸眼で過ごしているので、どうか子供たちには私ではなく主要人間の方に似てほしいと狙う次第です。脱毛石鹸の効果を知りたい。