私のお母さんは、昔から以外人間との距離感が異常にくらい、世帯出張に来た医者に民衆話をし続けたり、私や姉の親友に組織銃のように話しかけ、親友を失いかけたこともありました。その度に相当イライラして、お母さんに期待もしたのですが、書籍人間は悪いことをした自覚が無く、全く聞き入れません。ですが、私も大人間になり、結婚して離れて暮らしていたこともあり、少し冷静になってきて、別に悪いことをやるわけでもないかと映るようになってきていました。
事情があって、今日年の11箇月から数ヶ1箇月内、お母さんが私の家の近くに賃貸ワンルームを借りていました。お母さんはもう70代金なので、借り上げる時も解約する時も各種プロセスをほぼ私がしており、廃止ときの立会にも同席しました。立会の結果来られた男性は、とても応対が良く、話し上手な方でした。その方がお母さんに話しかけた段階から、不快眼力がしましたが、やっぱり、お母さんはずっと語りっぱなしで、もう立ち寄りません。肝心を立て直す時も、私が渡した廃止ときの精算富を数えていらっしゃる時でさえ、話しかけ積み重ねるのです。明らかにお職業の不承認になっているし、私が精一杯信号を送ったのですが、気づく気配はみじんもなく…。座敷を確認されている時に、その方を追い掛けて話を積み重ねるお母さんに、心底イラっとしました。お仕事をしながら、逐一お母さんの問い掛けに返答をやるその方に、申し訳ないやら、恥ずかしいやらでつくづく不快になりました。
やっぱり、お母さんのあの組織銃トークを許せるお天道様は来なさそうです。ヤりたい時の対処法