Category: 未分類

幼児と一緒に囲碁と将棋をする事のこの上ないラッキー

幼児は、小さい時からちょっと変わったところがあって、囲碁と将棋が好物でだ。
主要人間は囲碁や将棋を控える人間だが、わたしが編み物をしていて、眼が疲れたときに、耳より囲碁盤や耳より将棋盤で囲碁や将棋を
しているので、幼児にとっては、わたしはちょっと変わった女房だったと思います。
保育園年や小学生の場合学年まではすべてわたしが囲碁や将棋を指して要るを見ても、知らん顔でした。
しかし、いま(小6)になって、携帯の囲碁アプリケーションでWEB対戦しているのを見た幼児が、
「母親、そちら打ったら仕損じる」と言いだすので、確認するとTKO赤字しました。
そうだ。実は、うちの幼児は知らず知らずの間に、私の囲碁のスキルを盗んで覚えていたのでした。
試しに、幼児にあらたなアカウントを作ってやって、最良簡単な9路で囲碁をさせてみました。
スペシャルチャンス2分でます目が縦横9主流なので、素早い判断力が必要になります。
そしたら、幼児は、私の原則品評なしで、相手に簡単に打たせられない手法で
TKO大成して、どんどん腕を上げていって段抱えになりました。
将棋も試したのですが、将棋は駒のそれぞれの行動が分りにくいようでしたので、
ちょっと教えてやると、痛い所をバシバシと責めてくるので、わたしがあっさり負けてしまいました。
の場合学受験をするので、いま志望校のセミナー視聴会に言ってきて、プール視聴で囲碁部に行きました。
ちょっと年上のお姉さんと初見でやるのは、勇気がいるようなので、もじもじしながらも
対局を始めました。
すると、囲碁を差し始めたとたん、幼児の風貌は変わって、年上のお姉さんの痛い所をついてしまいまして、
お姉さんを全力一色に入れさせてしまったので、負けたのですが、魅力はあったようだ。
受験勉学で煮詰まった時は、囲碁や将棋をすると、胸のとりまとめが付くようなので、
WEB戦いのアプリケーション活用を許可しているのですが、わたしと対戦したい時は、
「母親、ちょっと相手方してよ」とよく日曜日に行ってしまう。
普段の日光は、スクール通いとセミナーの宿題と受験勉学で胸が陰気臭くなるようですから、
日曜日は、夫と興ずるのではなく、囲碁と将棋ができる母親ですわたしと対局するのが、
オフのお歓びのようです。WEB戦いは、コンピュータ戦いが多くて、
だんだんテンプレートが読めてきたので、つまらないと言っています。
やっぱり、オフに、人間検討というため、わたしと囲碁や将棋をするのが面白いようです。
エクスレッグスリマーが欲しいです。

赤い髪の男性がもたらす神秘、人生で初めて嗚咽した漫画を紹介したいとおもう

「スラムダンク」こういう戯画には素晴らしい意味で裏切られました。
ジャンプに掲載された当初はギャグ満載の欠陥が動作取りかかりちゃうお手軽戯画でさらっとよむ筈でした。
でも、その描かれる絵画の巧妙さに引き込まれ読んでいくうちに、気付けば単行本も貰うほどはまっていたのでした。

欠陥だけど実直でちょっとおバカな花道様の愛らしい性分はもちろん、ゴリ、小暮覇者、流川様そして宮城リョータと、
顕れるお目見え人小物の一癖も二中毒も生じるキャラクターがさらっと書いているようで丁寧に描かれているため
感じ移入もしやすかっただ。また可愛らしいバスケときの数々と男のプライドががちがち当たる単なるスポコンになりそうなところ、
ぷっと沸騰してしまうような「桜木軍団」うれしいツイートや用事の数々もはまった要因の一つです。

また、格言も多かったです。一番有名なのは「諦めたらそこで戦争しめですよ」でしょうか?
9巻の三井寿様の裏話は本当に泣けました。
バスケ部をつぶそうとしていた三井様が教員を見た瞬間に、教員に言われた言葉を思い起こし、桜木に殴られ
ボロッボロになった主人が言った「バスケがしたいだ」。今も思い出すだけで涙が出てきます。
自身も三井様同等こういう言葉に感動し、自分の子供たちにも言い聞かせるほど感銘を受けて使っています。
「諦めたらそこで戦争しめ」これは本当に格言だ。

でも、やはり嗚咽始めるほど泣けたのは最後の山王戦のわれらがメイン桜木花道の言葉だ。
「オヤジの誉れ年代は何時だよ、全日本のときか?オレは・・オレは今日なんだよ!!」身の丈の間を痛めた
桜木が縁台で言ったその言葉、断固なる気持ちをした主人の言葉に戯画を読んでて人実況初めて
嗚咽講じるほど泣きました。そしてそこからの流川とのは喜びのタッチ!驚愕させすぎだ井上教員。
終わり方も格好良かったですね、山王戦がエンドだったことがまた読者のマインドをわしづかみでした。
戯画にこんなに人のマインドを切り回す力があるとは・・・。

私の人生のの間で最高は「スラムダンク」と言い切れます。不倫したい人はいるの?

人は誰でも死ぬ。だからこそ、死と向き合わなくてはならないことを教えてくれたコミック。

自分が影響を受け、そしてここで紹介するコミックは、鬼頭莫宏インストラクター作品、「我々らの」だ。こういう力作は、通称ロボットコミックであり、高さ500メートルの極大ロボット「ジアース」が仇敵のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数呼び名の少年ギャルで、ここまではロボットコミックとしては物珍しい配列ではありません。機体のボリュームが物凄くマッポいと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル周囲だ。

こういう力作の配列で衝撃的なのは、パイロットは、戦闘以下、必ず死ぬ、ということです。主人間公共たちが跨るロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年ギャルは15人間。一回の戦闘で一人間、取り締まり者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットの稼働に、人間一人間のいのちを取り扱うのです。一人間目は戦闘以下、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人間目はまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年ギャルはこういうロボットのプレイの原理をわかることになります。のち、連中は、自分たちが必ず死ぬ、という世間と向き合わなくてはならなくなりました。

死と扱う。これがこういう力作のテーマだ。原理を知らされて以降のパイロットら一人間一人間は、各々の意見で死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みの生じる相手に仇討始める者、死んだあと、自分の器官を疾病に耐える友人間に提供する者、愛する身寄りを続けるためにいのちを取り扱う者、様々です。そして、少年ギャルらが死と扱うように、読者です私も一緒に死と向き合うのです。

人間は死にます。別物などありません。談話の連中は、ロボットの原理によって死なねばなりませんが、私達のいらっしゃる現実の世界も、大まかは理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。自分は、こういうコミックを通してそれを知りました。http://xn--n8jvay6a0p029u05qoz6b.net/

こういう親分はいったい何を考えてこうゆう行動したのか?

過日、働き手周遊に行ってきたのですが、デジカメ持参してきたのは、私だけだったので、ありとあらゆる名勝の画像を含め、意思を利かして料理景色や新幹線のの場合など、記念になるようにと画像を撮りました。
しかしながら、画像をまとめてきちんと整理するには時間がかかるし、どこで誰が写っているのかも再確認するのは、結構時間がかかります。
現在1箇月の下旬には企業の催事で仕度にと大忙しなので、上役にデジカメで撮った画像は催事が終わってからゆっくり整理して、皆さんに配るようにしますのでと伝え、
取りあえずフィルムだけ読み込んです後にこうゆう画像がありますよという意味でA4用紙にエクセルを利用したフィルムをプリント圏外しておきました。
とりあえず、科目だけでも皆にわかるようにと思ったので、それを上役の卓の上に置いておいたのですが、2~3日光たっても卓の上に置きっぱなしだったので、ちょっと心配していたのですが、ある日ふと気づいたらなくなっていたので、やっと皆に挙げるように配ってくれたのかなと思っていたのですが、
ある日、他の方が「周遊の画像はどうなった?」と聞かれ、「え、皆に一応科目だけはA4印鑑のの場合に4枚位読み込んで、7~8枚位の画像がわかるようにしてある筈ですが」と答えた後に、上役が「○○君その画像ならここにいるよ」と言うので、よく見ると自分の卓の横の困難に自分の写った画像だけを切り貼りしていたのです。
誰が、あなたの画像だけ切り取ってくださいといった!と心中あきれてイラッときました。内側美犬を使ってみました。